ふ と 透明 (2008)



「ふっとした瞬間に透明であり、不透明でもある。でも、その先には不明という答えもある」

この作品はこのような自身のエッセイからイメージが始まった。ここで大事なのは色彩という事でなく浸透度という事。感情、考えの深さによる変化で見え方が違う。それは、当時、考えていた色というイメージを覆す考え方でした。クリエイションにおいて、出演者に一つに感覚を集束させないように身体とイメージを常に言葉にさせ、そこで生じる脳の混乱とが自分の体内に時差を作り、それを細かく切り取りながらコラージュさせる作業。同時に他者から違うイメージが伝達される。その結果、自身のしたい事と他の浸蝕してくるものとが合わさり、内部で多発空間が生まれる。

その事により、常に重苦しい独特な雰囲気を持つ作品となった。

--------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

構成・振付         石川勇太 

出演者                白神ももこ(モモンガコンプレックス)

                           杉崎広実

                           髙橋幸平

                           中村真生(青年団)

                           橋本規靖

                           石川勇太

照明                    伊藤泰行

装置                    濱崎賢二

写真                    淵野修平

撮影・編集          本谷明人

上演時間             50分

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

 

2008年20日〜25日 

アトリエ春風舎(東京/日本)