26.5 (2011)


個体と個体、その間に生まれる関係に丸っきり同じものは存在しない。

数字によって計算できるモノでもなく、決められた定義が既にある訳でもない。

 

居心地のいい、「ここ」

 

一見奇妙な2人の関係、そして奇妙な2つの存在。

自分のリズムで、自分のカラダで、行ったり来たりを繰り返す。

そこに生まれるわずかな揺れが、2人の「ここ」を埋めていく。

 

※この作品は横浜ダンスコレクションのショーケースの小さなパフォーマンスから生まれました。最初は実験的な試みとしてやった二人でする構成も、2つのレジデンスを通して本格的な作品として研磨していく過程でより、緻密で自由度の高い作品に仕上がっています。どうぞ、御期待ください。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

構成・演出・出演 竹内梓、石川勇太       

 

音楽提供                  山口晋似郎

音楽構成            石川勇太

アシスタント          アントワーヌ・オシュタイン

         臼井彩子

上演時間                  30 分 

----------------------------------------------------------------------------------------

2011年11月29日、30日 -FESTIVAL Bertin Poirée 2011-

エスパス・ベルタン・ポワレ(パリ/フランス)

 

2012年2月4日 - ダンス・インパクト vol.2 -
吉祥寺シアター(東京/日本)

 

2012年4月28日 -@テンション•ソワレ- 

CDC -Toulouse-(トゥールーズ/フランス)